ごあいさつ / きぬ医師会会長 中川邦夫


「地域との連携で医療・保健・福祉に貢献する」

 きぬ医師会は、昭和62年にそれまでの結城郡医師会から改名しました。

 そして、昭和63年に「きぬ医師会病院」を開設し、平成4年には「茨城県きぬ看護専門学校」を開校しました。その後、訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所、休日夜間急患センター、地域産業保健センターなど多くの事業を手がけてまいりました。県内でも有数の医師会であると自負いたしております。

 また、市の嘱託医や学校医として、学校保健や予防接種などにも関わっております。きぬ医師会の背景には、常総市(旧水海道市・旧石下町)、坂東市(旧岩井市・旧猿島町)、つくばみらい市(旧谷和原村)の絶大なご支援の存在があります。地域のニーズの高い、小児医療、産科医療、救急医療に貢献できますように努力すると共に、高齢者の方が安心して元気に過ごせる地域作りにも貢献できればと思っております。

 私達きぬ医師会会員は、会員間の連携を密にし、地域自治体との連携も密にして地域の皆様に心のこもった、良質な、きめ細かい医療を提供できますように努力してまいりたいと考えております。 

ページの上部へ

SIDE MENU

一般社団法人茨城県きぬ医師会
〒303-0016 
茨城県常総市新井木町13-3
(きぬ医師会病院内)
TEL 0297-23-1771(代表) 
FAX 0297-22-8111

きぬ医師会ドクターズバンク。是非ご登録ください。