人間ドック

  
人間ドックについて
 しあわせな社会生活を営むためには、なによりもまず健康が大切です。高齢化社会の訪れとともに、いま健康管理の重要性がますます高まっています。
 高血圧、脳卒中、心臓病、糖尿病、がんなどいわいる生活習慣病と呼ばれる疾患は自覚症状が現れる前の早期発見が重要です。体の小さな変化も見逃さないためには、定期的な健康診断で自分の体の状態をきちんと把握しておくことが重要です。
 わたしたちきぬ医師会病院では皆様の健康を守るため、人間ドックを開設し健康管理のお手伝いをしています。地域の皆様の健康なくらしのお役に立つため充実した医療体制で信頼にお応えしています。

 1. 人間ドック検査項目
 
 身体計測    :身長・体重・肥満度・腹囲
 生理検査    :視力・聴力・眼底・血圧・心電図・呼吸機能・眼圧
 生化学検査    :肝機能・腎機能・血中脂質検査・痛風など
 血液一般    :貧血検査
 感染症検査    :B型肝炎ウィルス・C型肝炎ウィルス・梅毒
 糖尿病検査    :血糖・ヘモグロビンA1c
 尿検査    :蛋白定性・糖定性・潜血
 腹部超音波    :肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓・その他
 胸部X線    :直接撮影
 上部消化管    :胃・十二指腸直接X線
 大腸検査   :便潜血 
 問診・診察    :総合診断・生活指導
     

 2. オプション検診
 
肺がん検査
 肺がんは愛煙家に多く発生します。肺がん危険指数=一日の本数×喫煙年数400以上の人は、特に危険です。危険指数が400を超える方、血痰ある方、普段から痰の多い方にお勧めいたします。
腫瘍マーカー検査
 悪性腫瘍で上昇することの多い血液の成分CEA、CA19−9を調べます。CEAは超音波でも発見できない消化器がんや乳がん、X線で写りにくい肺がんなどで上昇する腫瘍マーカーです。CA19−9は膵臓がん、胆道がんで上昇する腫瘍マーカーであり、ともに重要な検査法です。ぜひ、この検査をお勧めいたします。
前立腺がん検診
 わずかな血液で前立腺がんの発見の契機になります。45以上の男性の方々にぜひお勧めいたします。
エイズ検査
 エイズの原因ウイルスの抗体が血液中にあるかを調べます。感染していても抗体ができるまでの期間は陰性になることがあります。(個人のプライバシーは固く守らせていただきます。)
乳がん検診
 近年、乳がんの増加は著しく、現代女性のがんの第1位です。当院では超音波検査、マンモグラフィー、(乳房X線撮影)を取り入れ、触診のみでは見つけることのできないような小さながんの発見に力を注いでいます。30歳以上の女性の方々にぜひお勧めいたします。
子宮がん検診
 子宮頸がんの検査として、目に見えない小さながんを見つけるために内診と細胞を摂取する検査を行います。30歳以上の女性の方々にぜひお勧めいたします。
動脈硬化検査
 四肢の血圧測定からABI(足関節、上腕血圧比)やPWV(脳波伝播速度)を算出して、脳動脈の狭窄、閉塞状況や硬さを評価し、動脈硬化症の早期発見診断ができます。
頭部MRI・MRA検査
 MRI検査では、脳の断層撮影により、脳腫瘍などの器質的変化のチェックをします。MRA検査では、脳動脈の異常(脳動脈瘤など)をチェックします。
(原則的に検査は午後行います。所要時間は30分程度です。)

 3.料金表
 

人間ドックMenu